トップページ

理学療法士のリハビリテーションの役割を分析

理学療法士の役割とは

リハビリテーションの専門職として、作業療法士と理学療法士があります。どちらもリハビリテーションを専門としているため、どのような違いがあるのかと思っている人も多いでしょう。理学療法士は、歩く、起き上がる、立ち上がるといった日常生活での基本動作に対して、運動療法や物理療法によってリハビリテーションを行うことで機能回復を目指します。
それに対し、作業療法士では、手芸であったり、将棋や囲碁などの趣味、掃除や洗濯、料理といった家事などの作業ができるように、手工芸や遊び、スポーツなど、様々な作業をすることでリハビリテーションを行っています。また、作業療法士では、身体障害だけでなく、発達障害であったり、精神障害にも対応するのも特徴です。理学療法士は日常生活で必要な基本動作、作業療法士ではより日常生活の質を高められるようなリハビリテーションをしていくといった違いがあります。
リハビリテーションは、医療の現場だけでなく、この高齢化社会の現代では老人ホームや児童福祉施設、精神福祉センターなどでも、このリハビリテーションの専門家が求められていますし、スポーツの現場でも必要とされています。医療の現場では、理学療法士と作業療法士、言語聴覚士の専門家によって、リハビリテーションを行っていきます。それぞれの役割の違いによって、効果的な失った体の機能回復ができるのです。ここでは、この理学療法士の役割、活躍の場について紹介します。


□外部リンク□
作業療法士、理学療法士の仕事とはなにかについて書かれている専門学校のサイトです。国家試験や就職についても記載があるので、参考にしてみてください。
・・・ 理学療法士 専門学校