トップページ

理学療法士のリハビリテーションの役割を分析

機能回復が役割

リハビリテーションでは、理学療法士や作業療法士のほかに、言語聴覚士が一つのチームとなって行うケースが多いです。同じリハビリテーションを行うのですが、それぞれに役割があります。理学療法士は、歩く、立つ、座るといった生活する上での基本動作に対してリハビリを行い、作業療法士はよりその人らしい生活をおこなうためのリハビリ、言語聴覚士は、話す、聞く、食べるといったことに対してのリハビリを行います。このように、同じリハビリテーションの専門職でも、それぞれ役割に違いがあります。
リハビリテーションの中でも、理学療法士は、生活するうえでとても重要な基本動作の機能回復が役割となります。生活していくためには、自分で歩いてトイレに行く必要もありますし、寝ているときにでも寝返りを打ちます。病気や怪我によって、この動作ができないのであれば、退院をしたとしても、家族の力を借りなければ生活が送れないことになります。それぞれがチームとなり、情報交換をすることで、より患者に合ったリハビリテーションが可能となります。
そのため、病気や怪我の状態がよくなれば、退院しても自宅で日常生活が送れるように理学療法士が機能回復のための訓練をします。理学療法士は、生活をする上で、最低限自分で行う必要がある、基本動作の機能回復が大きな役割です。