トップページ

理学療法士のリハビリテーションの役割を分析

理学療法士の活躍の場

理学療法士はその専門性から活躍の場も多岐にわたります。病院では骨や関節などを怪我した時に利用する、整形外科などが主な活躍の場となります。この病院以外にも、老人施設であったり、地域の保健センター、スポーツを支援している企業などでも活躍しています。
老人施設では、主に機能や動作の維持と向上のために理学療法士がリハビリテーションを行います。地域の保健センターでは、セミナーの講師を務めることがあります。高齢化が進む現代では、自宅でどのような介護をしたらいいのかなど、多くの人が理学療法士の専門的な知識を必要としています。そのため、理学療法士はリハビリテーションを行うだけでなく、専門家としてのアドバイスなどを地域住民に助言するのも大切な仕事の一つです。
スポーツを支援している企業では、選手の管理や怪我などをしたときのケアなどをするトレーナーとして活躍しています。また、福祉機器の製造・販売している企業であれば、理学療法士の専門的知識の観点から、どのような機器が必要なのか、どのようにしたらより良い製品となるのかの助言などをすることもあります。このように、理学療法士は様々な場所でリハビリテーションを行ったり、専門家としての助言などをして活躍しています。